施術料金・営業時間・ご予約

料金
初回来店時 7,700円
2回目以降来店時 7,700円
(現金のみとなります)

初回来店時のお時間 40分
リピートのお客様のお時間 30分
営業時間
9:00~13:00 / 15:00~21:00
お休み
不定休

Global
「日独共同開発」

日本で生まれ育ったゆらし療法は、ドイツの医師と研究機関の協力を得て、全く新しくより効果的に生まれ変わりました。
「痛みに対する次世代のアプローチ法」として世界各国で実践と検証が始まっています。

Thank you for HeilpraktikerSchuleDüsseldorf !

医師たちも学ぶ、毎年招聘される
ドイツ各地でのカンファレンス

Alternative Medicine
整形外科クリニックでも導入されています。

ゆらし療法は患者ファーストの考えを持つ整形外科の先生たちと共同で、『肉離れ』の早期回復、『オスグッド』の痛みからお子さんを救う、『半月板損傷』を手術無しで回復させるための補完医療として活躍しています。

Recommend
痛みにお悩みの方、その痛み取ります。

「ゆらし療法」は、器具や薬を一切使わず、手技だけで、痛みの原因である筋緊張をゆるめることによって、痛みの改善に期待が持てます。

軽く触って動かしたり、やさしく撫でる、やさしく引っ張る…日常生活におけるどんな動きよりも柔らかくやさしく、身体に負担がかからないようにアプローチしていくという方法で、1回目の施術から効果を感じていただけます。(効果には個人差があります。)

整形外科、整体、マッサージ、接骨院、どこに行っても良くならなかった方、諦める前にぜひご相談ください。

肉離れの動画

オスグッドの動画

首・腰・膝痛の動画

オスグッドの動画

首・腰・膝痛の動画

Greeting
ごあいさつ

早期回復を目指す方、痛みが無くならないと諦めてしまっている方へ

はじめまして若葉接骨院の原田賢志と申します。東京の田端で開院して20年以上が経ちます。
今まで様々な患者様を施術して参りました。
自分の技術の無さで治せなくて患者様に申し訳ないという思いと悔しい気持ちで、様々な技術セミナーや勉強会に参加してきました。
それでも思った通りの結果が得られず、やっぱり治せない、もしかして治らないものなのかと思ったりもしました。
そんな時に縁あって“ゆらし療法”に出会いました。
目から鱗が落ちるとはこのことかと思うくらいに痛みがとれていくこの施術は、とても優しいタッチで触れながら、同時に優しくゆらして施術していきます。

あなたは年齢のせい、体重のせい、安静にできないから、仕事が休めないから
と治らない理由を考えながら痛みに耐えていませんか?

これは治せなかった時に私のしてきた言い訳でもあります。

私は膝関節のトラブル、半月板損傷、肉離れ、オスグッドにおける施術方法として“ゆらし療法”ほど効果のでる施術は無いと思っています。
なぜなら、両膝の半月板損傷で悩みを抱えていた私自身が自分の身体でしっかりとその効果を感じ、同じような膝関節の悩みを抱えている患者様に施術をして、改善の結果を得ているからです。

丁寧な説明と施術、そして施術前と施術後の違いをお約束いたします。

若葉接骨院

原田 賢志

Voice
お客様の声
※効果は個人の感想であり、個人差があります。

肉離れが良くなった
お客様からのおハガキ

女性

肘痛が良くなったお客様からのおハガキ

施術担当から

Oさんのご趣味はバドミントンとサルサを踊る事でした。
通常私達は復帰に向けて、1日も早くゆらしラボをご卒業して頂く事を心掛けておりますが、時にOさんの様にしっかり動ける様になる為に、少しお時間を頂く事もあります。
サルサも動きが早く、切り返しの動作が多いので、これからも腰を大切に思う存分、多彩なご趣味を楽しんでくださいね。

オスグッドが良くなった
お客様からのおハガキ

男性

腰痛が良くなったお客様からのおハガキ

施術担当から

S君はそれまで週1から2度電気治療やマッサージを受けていた様ですが、なかなか良くならなかったのは、腰や股関節、足首にも問題があったからですね。
サッカーのキーパーは中腰の姿勢も多く、ゴールを守るために全身の筋肉に力が入ります。
毎日たとえ短い時間でも、身体の筋肉をゆるめる体操を続けてみてくださいね。

Access
アクセス・当院のご案内

〒114-0014 東京都北区田端2-6-23 エスケイ・プラタナス1F
JR山手線、京浜東北線 田端駅北口より徒歩7分

詳しいアクセスを見る

《開院時間》
9:00~13:00 / 15:00~21:00

休診日:不定休

当院は予約制となっております。
こちらからご連絡をお願い致します。

PAGE TOP ▲